2010年02月09日

その日のうちに陛下が決裁されることを知らないわけないよね。体調がお悪いのも知ってるよね。

【2月2日午前】
天皇陛下、体調崩される
http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/100202/imp1002021815002-n1.htm
 宮内庁は2日午後、天皇陛下が同日午前10時40分ごろ、お住まいの皇居・御所で気分が悪くなられたと発表した。症状は落ち着いており、夜には執務したが大事を取って週末まで御所で静養される。
 陛下は3日から、皇后さまとともに葉山御用邸(神奈川県葉山町)で静養する予定だったが、取りやめられた。
 宮内庁によると、陛下は1月31日から、のどの痛みなどの風邪の症状を訴えられていた。これに加え、2日未明に腹痛を伴う急性腸炎のような症状があり、不眠や脱水症状もみられたという。
 メキシコのカルデロン大統領夫妻と1日に会見するなど、陛下は前日まで通常通り公務を行われていた。
(2010.2.2 18:15 sankei)


【2月2日午後】
天皇陛下「夜のご執務」相次ぐ 書類が来ない…
http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/100204/imp1002040115000-n1.htm
 天皇陛下の夜間のご執務が相次いでいる。体調不良を訴えた2日も、静養中の皇居・御所で、午後9時ごろまで書類の決裁をされた。通常国会が開会した1月18日以降、内閣が意思決定する「閣議」が夕方に開かれるケースがみられるようになり、皇居に書類が届く時間が遅くなっていることが原因だ。陛下が平成20年12月に体調を崩されて以降、宮内庁はご負担軽減策を検討しており、夜間のお務めの常態化を懸念する声も出ている。
 陛下が葉山御用邸(神奈川県)での静養を取りやめ、週末まで御所で静養されることが宮内庁から発表された2日は、午後5時半すぎに閣議が終了。書類は通常執務をしている宮殿ではなく、陛下が静養されている御所に運ばれた。陛下は5件ほどの書類に目を通し、署名するなどして決裁された。終了したのは午後9時ごろだったという。
(2010.2.4 01:14 sankei)


【2月8日】
天皇陛下の今週のご予定を一部変更
http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/100208/imp1002081752001-n1.htm
 宮内庁は8日、ノロウイルスによる急性腸炎のため、2日からお住まいの皇居・御所で静養されていた天皇陛下が体力的に万全でないため、大事を取って今週の予定を一部変更すると発表した。陛下は8日朝の時点で平熱に戻っており、回復が進んでおられるという。
 陛下は10日に皇后さまと世田谷美術館(東京都世田谷区)で、「内井昭蔵の思想と建築展」の鑑賞を予定されていたが延期する。東京ドーム(東京都文京区)で12日に皇后さまとご覧になる予定だった「世界らん展日本大賞2010」は、皇后さまがお一人で臨まれることになった。皇居でのご公務などはおおむね予定通り行われるが、11日の宮中三殿のご拝礼は代拝とする。
 宮内庁の風岡典之次長は8日の定例会見で「(変更する行事は)内容や実施場所を考慮して選んだ」と説明している。
(2010.2.8 17:48 sankei)
posted by 四十郎 at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

最近マスコミで使われないことば

     「任命責任」
posted by 四十郎 at 12:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

これが公約だと知っていて投票した人、手を挙げて〜

「参政権は民団への公約」赤松農水相が公言 選挙で支援認める
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100113/stt1001130124000-n1.htm

 昨年夏の衆院選当時の民主党選挙対策委員長だった赤松広隆農水相は12日、都内のホテルで開かれた在日本大韓民国民団中央本部(民団、鄭進団長)の新年パーティーであいさつし、民団による衆院選での民主党支援に「心から感謝申し上げる」と表明。そのうえで民団の支援は、外国人地方参政権獲得のためで、永住外国人への地方参政権(選挙権)法案の成立は民団への公約だと強調した。民主党幹部が、参政権を条件に民団から組織的な選挙支援を受けたことを認めたのは初めて。
 赤松氏は「鄭進団長をはじめ民団の皆さまには昨年、特にお世話になった。投票はしてもらえないが全国各地でいろんな形でご支援いただき、308議席、政権交代につながった」と語った。
 さらに「民主党中心の政権で地方参政権問題が解決するとの思いで応援してくれたと思う。その意味で公約を守るのは当たり前だ。本当にあと一歩。感激でいっぱいだ」と参政権法案の通常国会成立を約束した。
 民主党は意見集約が難航し、日本の有権者向けの衆院選マニフェスト(政権公約)に、外国人参政権付与を盛りこんではいない。
(2010.1.13 01:23 産経)


日本国民ではない人達に選挙協力を頼み、そのの見返りに参政権付与を約束し、
それを公約だと堂々と言えるなんて、かなり異常だと思うんですけど。


そういえば、先週のサンプロで「小沢の4億円はちゃんと官報に載っていると」
言っていた元検事の「郷原信郎」って・・・
http://www.soumu.go.jp/main_content/000042024.pdf
民主党政権になってから総務省の顧問をやってるんですねw
サンプロの番組スタッフ、ちゃんとテロップの肩書きに入れてあげなさい。
posted by 四十郎 at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

勝手に錦の御旗を揚げるな

やっぱ民主の上層部は天皇を軽んじてるわ。こんだけ次々と不敬発言が出るのは普段からそう思っているから。


外国人参政権法案「錦の御旗として今国会で実現」 民団の新年会で民主・山岡氏
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100112/stt1001121327004-n1.htm

 民主党の山岡賢次国対委員長は12日、都内のホテルで開かれた在日本大韓民国民団(民団)中央本部の新年会で、永住外国人に地方参政権(選挙権)を付与する法案について「一日も早く国会に出てくるようにバックアップし、今国会で実現するよう錦の御旗として全力で取り組む」と述べた。また、山岡氏は小沢一郎幹事長が11日の政府・民主党首脳会議で「日韓関係を考えて政府が法案を出すべきだ」と述べたことを紹介。会場からは拍手がわき起こった。
 同じく出席した中井洽国家公安委員長・拉致問題担当相は「立派な法案を作って今国会で成立させ日韓友好を増進させたい」と強調。社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は「社民党も先頭に立って一緒に成立させたい」と述べた。公明党の浜四津敏子代表代行は「参政権の問題は当初から取り組んでいる。力強く地道に必ず参政権の問題を解決する」と語った。
 一方、鄭進団長は「2010年が明るい未来への象徴として永住外国人への地方参政権付与の年となれば、これにまさる喜びはない。通常国会で日本世論の祝福のもとに実現することを願う」と期待感を表明した。
(2010.1.12 13:25 産経)


錦の御旗(Wiki)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8C%A6%E3%81%AE%E5%BE%A1%E6%97%97
錦の御旗(にしきのみはた)とは、朝廷の軍(官軍)の旗印。略称錦旗(きんき)、別名菊章旗。赤地の錦に、金色の日像・銀色の月像を刺繍したり、描いたりした旗(この日之御旗と月之御旗は二つ一組)。朝敵討伐の証として、天皇から官軍の大将に下賜する慣習がある。承久の乱(1221年(承久3年))に際し、後鳥羽上皇が配下の将に与えた物が、歴史上の錦旗の初見とされる。
posted by 四十郎 at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

恭賀新春

昨日は新年一般参賀へ行って参りました。


Image715.jpg


雲一つなく、絶好の参賀日和でした晴れ


皇居の乾門を出て北の丸公園を武道館方面へ歩いているとき、
斜め後ろを歩いていた男性が特徴のある甲高い声で 「××はとんでもない奴だ」と
話したのをを聞いて、ついつい振り向いてしまったら
漫画家の小林よしのり氏でした。

私も同感です!と言ってしまうところでしたが。言ってませんw
小林氏 および 小林氏と一緒の方も、私が"××"の言葉に反応して振り向いたのが分かったらしく、
目が笑ってました。

その後、北の丸公園を抜け靖国神社へ参拝し、清々しい気持ちで帰宅しました。


しかし、せっかくの清々しい気持ちに水を差す人達。
皇居の周りや靖国神社に居る右翼を見ると気分が悪くなるんですよね。どうにかならないもんですかね。
彼ら自身以外の人達が不愉快に思っていることを理解できないんでしょうか。

正月そうそう愚痴ブログになってしまいました。


<お得メモ>
乾門近くの東京国立近代美術館は、毎年 一般参賀の日に
無料観覧となるので、参賀の帰りにお勧めです。
posted by 四十郎 at 17:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

書き始めるとかなりの長文になりそうなので

知り合いから「天皇陛下と中国副主席の会見の話はブログに書かないのですか?」と言われました。
私、本当に腹が立つと何も言いたくなって無口になるタイプなんです。

書きたい内容も膨大になりすぎて書き始めると大変。


とりあえず、今後のメモのために 小沢の会見の要旨を残しておきます。
言葉の端々に思い上がった気持ちが現れております。


天皇陛下と習副主席の特例会見問題をめぐる小沢氏会見の要旨
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091214/stt0912141933009-n1.htm

 民主党の小沢一郎幹事長が14日に行った記者会見で、天皇陛下と中国の習近平国家副主席との会見に関する発言要旨は次の通り。

【天皇陛下と習副主席との会見の経緯】

 −−習副主席の会見はいわゆる(1カ月前までに文書で正式に申請する)「30日ルール」にのっとらない形で行われるが 

 「30日ルールって誰が作ったの? 法律で決まっているわけでも何でもないでしょ、んなもの。それはそれとして君は日本国憲法を読んでるかね? 天皇の行為はなんて書いてある?」

 「天皇陛下の国事行為は、国民の選んだ内閣の助言と承認で行われるんだよ。それが日本国憲法の理念であり本旨だ。何とかという宮内庁の役人(羽毛田信吾宮内庁長官)が、どうだこうだといったそうだが、日本国憲法、民主主義というものを理解していない人間の発言としか思えない。どうしても反対なら、辞表を提出した後にいうべきだ。当たり前でしょ、役人なんだもん」

 「天皇陛下のお体、体調がすぐれないというならば、それよりも優位性の低い行事はお休みになればいいことじゃないですか」

−−「30日ルール」はなくてもいいということか

 「誰が作ったか調べてからもう一回、質問して下さい。ルールを無視していいといっているわけじゃないよ。宮内庁の役人が作ったから、金科玉条で絶対というそんなバカな話があるかっていうんですよ。天皇陛下ご自身に聞いてみたら『手違いで遅れたかもしれないけれども会いましょう』と必ずおっしゃると思うよ」

 −−小沢氏が平野博文官房長官に陛下と習副主席の会見を要請したという報道がある。政治利用との指摘もある

 「天皇陛下の国事行為は内閣の助言と承認で行うことだ。それを政治利用だとかいったら天皇陛下、何もできないじゃない。内閣に助言も承認も求めないで、天皇陛下が勝手にやんの?」

 −−(官房長官に会見を要請した)という事実関係は

 「私が習近平副主席を天皇陛下とお会いさせるべきだとか、させるべきでないとか、というようなことを言った事実はありません!」

 −−小沢氏と習副主席の会談の予定が中止になったのはなぜか

 「予定していたわけではない。私は中国行ったばっかりだ。日程がお忙しいだろうと思って『ご無理なさらんでもよろしい』と(伝えた)」

(2009.12.14 19:33 産経)
posted by 四十郎 at 08:00| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

二階から目薬

二階氏辞任論が拡大=執行部は「擁護」変えず−自民
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009121100949

 自民党内で11日、政治資金規正法違反事件で政策秘書が略式起訴された二階俊博選対局長に対する辞任論が拡大した。谷垣禎一総裁ら執行部は二階氏を処分せず、続投で乗り切る考えを示している。しかし、けじめを求める声は今後も強まるとみられ、執行部の判断が問われそうだ。
(2009/12/11 時事)


なんで二階切れないの?
二階は小沢とのパイプ役だから切れないのか?
二階を擁護して小沢や鳩山の献金問題追求できるの?

だからダメなんだよ。
なにが「みんなでやろ〜ぜ!」だよ。こんなんじゃ、みんな付いてこね〜って。
posted by 四十郎 at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

景気対策(やっと)はじめました

8日の鳩山首相
http://www.asahi.com/politics/update/1208/TKY200912080335_01.html
――今年度の税収が37兆円を下回り、国債発行額が過去最大の53兆円に達する見通し。来年度の新規国債発行額を44兆円以内に抑える考えに変わりはないか。

 「これはあの、リーマンショックからきていますからね。それまで私ども野党時代を通じて、経済対策をもっと早く打てば良かったのにな、という思いがあります。それだけに、ここまで深刻になってしまったことは、残念なことではありますけども、しかし経済をある意味では、しっかりと立て直していかなければならんということで、補正を組んだ前政権の考え方も分からんわけではない。どこまで有効であるか、ということで我々は事業仕分けのような、凍結のことも行いました。しかし、結果として税収も大きく減ったわけですから、結果として、国債をこうせざるを得なかったということは、国民の皆さんも理解をして頂けるのではないかと、そう思います。
(以下略)
(2009年12月8日 朝日)


野党時代に景気回復のための経済対策の補正予算に散々反対して、政権交代後は成立していた経済対策を凍結し、この2ヶ月間、景気回復に関係の無いことばかりになぜか力を注いで、このセリフ。
景気対策してないんだから予想よりも税収下がるのあたりまえでしょ。

ところで、エコカー減税とかエコポイントは消費の先食いだって反対してませんでしたっけ? 延長されるようですけどw
posted by 四十郎 at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

真意はそのままでしょ

この件は以前のブログにも書きましたけど何度でも載せますよ。大事なことだから。


輿石氏発言「真意測りかねる」と政府答弁書 「教育の政治的中立ありえない」
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091124/stt0911241133005-n1.htm

 政府は24日の閣議で、民主党の輿石東参院議員会長の「教育の政治的中立はありえない」とする発言が教育基本法と教育公務員特例法違反に当たるかについて、「その真意を測りかねることなどから、答えは差し控えたい」とする答弁書を決定した。
 また、特定の価値観を押しつけることになるとして道徳教育に反対している日教組に、多くの教職員が加盟していることをどう考えるかに関しては「政府としてお答えする立場にない」と回答を避けた。
 自民党の山谷えり子氏の質問主意書に答えた。
(2009.11.24 産経)
posted by 四十郎 at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギリギリセーフ

国会正常化へ 来月9日までの国会会期延長で大筋合意
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091124/stt0911241318009-n1.htm
 民主、自民、公明の与野党3党は24日、国会正常化に向けて断続的に会談を開き、今月30日に迫っている今国会の会期について、野党側が求めていた9日まで延長することで大筋合意した。午後に行われる与野党幹事長会談で正式に決定する見通し。
(2009.11.24 産経)


これ以上は延ばせませんよ〜。ぜったい、ぜったいに9日で終わらせます!!

だって

小沢幹事長と行く日中交流議員の旅
http://www.dpj.or.jp/china/info.html
http://www.dpj.or.jp/china/contents/member.html

旅行期間 : 2009年12月10日(木)〜12月13日(日)3泊4日


あっ、でも 一昨年には国会会期中に審議を中止して小沢党首&四十数名の議員が中国へ行ったけど、さほど叩かれてなかったから大丈夫かもね。
TVで採り上げなければ、無かったことと同じだから。
posted by 四十郎 at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宇宙戦艦 クラマ

関門海峡・護衛艦衝突:謝罪と原因究明、海自に申し入れ−−労組など /長崎
http://mainichi.jp/area/nagasaki/news/20091121ddlk42040518000c.html
 関門海峡で海上自衛隊佐世保基地所属の護衛艦「くらま」と韓国船籍のコンテナ船が衝突した事故で、佐世保地区労と社民党佐世保総支部、全日本港湾労組は20日、海自佐世保地方総監部の加藤耕司総監あてに謝罪や原因究明を求める申し入れ書を提出した。
 申し入れ書は、昨年2月のイージス艦「あたご」の漁船衝突事故に触れ「教訓が全く生かされていない」と指摘。早急な原因究明▽国民と港湾利用者への謝罪▽自衛艦の関門海峡通航停止あるいは夜間などの通航停止▽佐世保港湾での安全航行の具体策の明示−−の4項目に文書での回答を求めている。
 20日は、組合員や社民党市議ら約10人が総監部を訪れ「事故で4時間にわたり通航止めとなり、港湾関係者は多大な損害を被った」「全国でも有数の難所を通航する必要があるのか」といった声が上がった。応対した宇仁健一郎総務課長は「迷惑をかけ遺憾に思う。安全には十分に注意していきたい」と述べる一方、上司に報告し正式に回答すると答えた。
(2009年11月21日 毎日新聞 佐世保版)


やっぱり、労組とか社民党の中の人、頭おかしいだろ。言い過ぎた。政治的思想のせいで、まともに情報を理解できない人達だろ。

車でいえば、対抗車線からいきなり道をふさぐように横になりながら飛び出してきた車にぶつけられたほうへ謝罪を求めるってなんなの?頭おかしいだろ。また言い過ぎた。

そういえば、ほぼ韓国のコンテナ船が悪いと判った途端に、予想通り、TVは報道しなくなったね。


まあ、「自衛艦にはワープ航法の機能を持たせろ」という申し入れならわかるけどね。それなら避けられた可能性もあるし。頭おかしいか?
posted by 四十郎 at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

文革だったら私は粛清対象者ですね

仙谷行政刷新相:「仕分け後、政治判断」−−毎日フォーラムシンポで
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20091113ddm002010039000c.html

 毎日新聞の政策情報誌「毎日フォーラム−日本の選択」のシンポジウム「政治は変わったか〜民主政権の課題と自民再生への展望」が12日、東京都内で開かれた。
 仙谷由人行政刷新担当相は、「事業仕分け」について「予算編成プロセスのかなりの部分が見えることで、政治の文化大革命が始まった」と意義を強調。そのうえで「見直し、縮減との結論が出た項目でも、予算を付けなければならないことも出てくる」と述べ、最終的には仕分け結果の当否を政治判断する考えを示した。自民党の石破茂政調会長は「スピーディーだが、乱暴だ」と指摘し、拙速な議論にならないよう求めた。
 飯尾潤政策研究大学院大副学長らも加わり、約400人が参加した。
(2009.11.13 毎日)


> 政治の文化大革命が始まった」と意義を強調

文革を肯定的にとらえているんですね。
というか、やっぱり文革を目指していたんですか。



文化大革命(Wiki)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%87%E5%8C%96%E5%A4%A7%E9%9D%A9%E5%91%BD

中華人民共和国で1960年代後半から1970年代前半まで続いた、封建的文化、資本主義文化を批判し、新しく社会主義文化を創生しようという運動。実態は毛沢東らが引き起こした権力闘争である。大躍進政策の大失敗により国家主席を辞任して以降、共産党指導部内での共産主義が修正主義へと後退したと危機感を深めた毛沢東が、国家の路線と権力を再び自らに取り戻すために仕掛けた大規模な権力奪還闘争としてとらえられることが多い。

文化大革命中、各地で大量の殺戮が行われ、その犠牲者の合計数は数百万人から1000万人以上ともいわれている。またマルクス主義に基づいて宗教が徹底的に否定され、教会や寺院・宗教的な文化財が破壊された。特にチベットではその影響が大きく、仏像が溶かされたり僧侶が投獄・殺害されたりした。

内モンゴル自治区においても権力闘争に起因し多くの幹部・一般人を弾圧、死に追いやった内モンゴル人民党事件が起こったほか、旧貴族階級などの指導階級を徹底的に殺戮した。


虐殺事件の犠牲者数
http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/kak2/1209301.htm
◆中国の場合
・体制によって暴力的に死に至らしめられた人
700万〜1,000万人(うち数十万人はチベット人)
・「反革命派」としてラーゲリに収容され、そこで死亡した人
約2,000万人
・1959〜61年の「大躍進期」に餓死した人
2,000ないし4,300万人
posted by 四十郎 at 12:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラーメン屋で報ステを見て、今、家に帰ったので更新

船や飛行機はガソリンで動くのですか?
自衛隊が給油しているのはガソリンですか?

給油活動休止、民生支援の応援をしたい気持ちはわかりますが、嘘はいけません。

でも、なんの疑いもなく報ステを見てる人は、間違った知識が頭に入っちゃうんだろうなぁ。

今日報ステを見なかった人にはわからない話ですみません。
posted by 四十郎 at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

天皇陛下御即位20年おめでとうございます。

http://www.kunaicho.go.jp/20years/

私も観に行った御即位の祝賀パレードから19年も経ったのですね。早いものです。
パレードを沿道で観るのにも検問があり、警察による身体チェックがあるのに驚いた記憶があります。

今日 会社が休みだったら皇居へ行けたのに。


両陛下がいつまでもご健康であられますように。
posted by 四十郎 at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

家の近所に若葉マーク&もみじマークを付けた車がありますが

ヒゲの隊長、岡田外相にかみつく「あなたが若葉マーク!」
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091110/plc0911101813016-n1.htm
  「自衛隊は若葉マークだというが、あなたが若葉マークだ!」
 イラク復興支援の「ヒゲの隊長」として知られる自民党の佐藤正久参院議員が10日の参院予算委員会で、岡田克也外相にこうかみついた。
 岡田氏が9月のテレビ朝日の番組でアフガニスタン支援に絡み「若葉マークのついた自衛隊」と発言。佐藤氏は「どれだけの隊員が傷ついたか」とせまり、撤回を求めた。しかし、岡田氏は「表現の問題だ。普通の軍隊と違い武器の制約がある」と反論し、発言を撤回しなかった。
(2009.11.10 産経)


岡田氏、反論になっていない・・・

まあ、防衛大臣からして就任早々の記者会見で「インド洋での補給活動の(高い)評価は限定的なもの」なんていう発言しちゃって、暑い中頑張ってる隊員に失礼だよね。
ヤル気なくなるつーの。

自衛隊に必要な法案の成立をさんざん邪魔していた人間が防衛大臣になること自体がオカシイっての。
自衛隊員も口には出せないが、この防衛大臣にムカついてるんだろうな。

【佐藤正久議員のブログ】
「宿敵」北澤・前外交防衛委員長が、防衛大臣

http://east.tegelog.jp/index.php?blogid=24&archive=2009-9-16


最高指揮官である総理大臣も、防衛大臣も、ついでに防衛大学校の校長も・・・。大丈夫なんだろうか日本の防衛。
posted by 四十郎 at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

インフルエンザのニュースを見ると つい考えてしまう

新型インフル流行、初めて警報レベルに
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091106-OYT1T00092.htm?from=main5
 国立感染症研究所が全国約5000医療機関を対象に行っている定点調査で、最新の1週間(10月26日〜11月1日)に新たに受診したインフルエンザ患者が、1医療機関当たり約33人(速報値)となったことが5日、分かった。
 ほとんどが新型インフルエンザとみられ、全国平均が警報レベルの30人を超えたのは新型の流行後では初めて。厚生労働省が6日に発表する。
 前週(10月19〜25日)の24・62人からは約1・3倍。都道府県別でも、すべての都道府県で初めて注意報レベルの10人を超え、21道府県で警報レベルの30人を超えた。これまで、大都市部を中心に感染が広がっていたが、全国で流行が本格化している。
(2009年11月6日03時04分 読売新聞)


もしも今、大震災が発生したら、衛生状態の悪化、避難所での集団感染、病院の対応不可で、インフルエンザが大流行するんじゃないかと考えてしまい、かなり怖いです。
避難所へはあまり近寄らないほうが良いのかなぁ・・・?
posted by 四十郎 at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

今日の報道だけでも、もうめちゃくちゃ

岡田外相:「政権公約と選挙中の発言はイコールではない」
http://mainichi.jp/photo/news/20091105k0000m010119000c.html
 岡田克也外相は4日の衆院予算委員会で、米軍普天間飛行場の移設先について、鳩山由紀夫首相が先の衆院選中に「県外、できれば国外」などと発言したことに関し、「公約と選挙中の発言はイコールではない。公約というのはマニフェストだ」と語った。選挙中の政治家の発言を軽視したとも受け取れ、批判が出そうだ。
 首相は8月の民放テレビの党首討論で、普天間移設問題について「県外が望ましい」と指摘。しかし、民主党の衆院選マニフェスト(政権公約)では「米軍再編や在日米軍基地のあり方についても見直しの方向で臨む」との表現にとどめていた。
 外相は「マニフェストには普天間という言葉も書かなかった」と釈明した。共産党の笠井亮議員の「選挙での約束と違う」との質問に答えた。
(11月5日 毎日新聞)


機密費の使途公開を拒否=平野官房長官「わたしを信頼して」
http://www.jiji.com/jc/zc?key=%b5%a1%cc%a9%c8%f1&k=200911/2009110500400
 平野博文官房長官は5日午前の記者会見で、官房機密費(内閣官房報償費)の使途について「相手のあることであり、オープンにしていくことは考えていない」と述べ、公開しない考えを示した。民主党は野党時代、機密費の透明性を確保するため「機密費改革法案」を国会に提出した経緯があるが、政権獲得後に対応を転換したことで、整合性が問われそうだ。
 平野氏は機密費の運用について「国民から疑念を持たれないよう、担当であるわたしが使途について責任を持って使っていく」と強調。適切な運用をどう担保するのかとの質問に対しては、「わたしを信頼していただきたい」「(可能な部分は)会計検査院のチェックも受けている」などと述べた。
 民主党が使途公開を求めていたこととの整合性については、「過去そう言ってきたことは事実だが、現実にわたしがその職に立ったときに、報償費という性格上、相手のあることだ(と認識を改めた)」と釈明した。 
 平野氏は政権発足直後の9月17日の記者会見で、機密費について「そんなものあるんですか。全く承知していないからコメントできない」と述べていた。しかし、5日の記者会見では、政権発足前後に河村建夫前官房長官から引き継ぎを受けていたことを認めた。
(11月5日 時事通信)


機密費が公開に適さないなんて普通に考えればわかること。
ブレのレベルじゃなくて、手の平返し。
posted by 四十郎 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

昔の辛坊さんなら こんなことはなかったのにね。近年おかしいね。

今朝の日テレ ズームインにて、海上保安庁の記者会見を報道

記者会見で海上保安庁は「指示という行為は、海上交通センターでは行いません」と言ってるのに

テロップでは
海上保安庁「左からの追い抜きを指示」 ←指示の文字は赤字
と表示。

真逆じゃん。
なんでこういう嘘(現在の情報内において)を書けるのか、頭の構造を疑う。


【10/29 追記】
コンテナ船、追突避けようと急旋回…護衛艦事故

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091029-OYT1T00708.htm
 海上自衛隊の護衛艦「くらま」とコンテナ船の衝突事故で、コンテナ船は前方の貨物船に約2倍の速度で近づき、追突寸前になっていたことが、第7管区海上保安本部(北九州)の調べでわかった。
 コンテナ船は、貨物船を避けようとして左へ急旋回してほぼ真横を向いた状態になり、対向する航路を進んできたくらまとぶつかったという。
 7管が分析したコンテナ船、貨物船のAIS(船舶自動識別装置)データなどによると、貨物船は約6ノット(時速11キロ)で東方向へ航行し、コンテナ船はその約2倍の12〜14ノット(同22〜26キロ)で進んでいた。
 貨物船は、海上保安庁の関門海峡海上交通センターから無線で「コンテナ船が接近している」として右側へ寄るよう促された。貨物船はかじを切った際に減速し、コンテナ船が追突しそうになったという。
 7管幹部によると、コンテナ船はくらまと衝突した衝撃で停止したが、衝突しなければ山口県下関市側に座礁した可能性もあったという。
 7管は、コンテナ船の操船に問題があったとの見方を強め、業務上過失往来危険容疑で乗組員らから事情を聞いている。
(2009年10月29日15時26分 読売新聞)


上記の記事の情報が正しいとすれば、
1日目・・・自衛隊叩き(観艦式後の気の緩みじゃないの?あたご や なだしおの教訓生きてない)
2日目・・・海上保安庁叩き(指示してないけど指示ミス)

と、叩きまくってたTV各局のキャスター,コメンテータは勝手な憶測でミスリードしたことを素直に認めな。

憶測を挟まず、素直に現象だけを見たら、コンテナ船の船長の判断ミス,操舵ミスが一番に考えられる原因なのは明らかなのに、
コンテナ船のミスについてはほとんど言及しないよね。
キャスター,コメンテータってBAKAなの?



産経の恥ずかしい記事を晒しとく

【護衛艦衝突・炎上】北沢防衛相「遺憾と言うしか…」 海幕長が“助け舟”も
http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/091027/dst0910272306020-n1.htm
 関門海峡の護衛艦衝突事故で北沢俊美防衛相は27日夜、防衛省で緊急記者会見。事故を起こしたのは25日に開かれたばかりの観艦式で、自身や鳩山由紀夫首相代理の菅直人副総理を乗せ観閲艦を務めた「くらま」とあって「規律正しく(行事を)できた船がこういう事故を起こし、遺憾と言うしかない」と厳しい表情を浮かべた。

 政権交代後に初めて直面した、自衛隊の重大な不祥事

 北沢防衛相は自ら異例の会見に臨んだが、事故原因などを問う記者からの矢継ぎ早の質問に言葉に詰まり、赤星慶治海上幕僚長が隣まで来て、記者の質問に答えるなど“助け舟”を出す場面もあった。
(2009.10.27 産経)


【護衛艦衝突・炎上】狭い海峡、船の難所 任務後…イージス事故と類似?
http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/091028/dst0910280124002-n2.htm
〜前略〜
■「なぜ続くのか」
 平成20年2月にイージス艦のあたごが漁船「清徳丸(せいとくまる)」と衝突し、清徳丸に乗船していた2人が死亡した事故との共通性も指摘される。
 あたごの事故現場も南房総沖の混雑海域。また、あたごは米ハワイ沖でミサイルの装備試験を実施後、横須賀基地(神奈川県)に戻る途中に衝突し、今回のくらまも神奈川県の相模湾で行われた観艦式に参加した後、佐世保基地(長崎県)に戻る途中だった。「隊員の気の緩みが原因でなければいいのだが…」(防衛省幹部)との懸念もある。
 海自は、あたごの事故をはじめ不祥事が続発したため、根本的な体質改善を図るとして、隊員教育や艦長養成課程などを充実させる方針を打ち出したばかり。「なぜ、こんなことが続くのか」と頭を抱える海自幹部もいる。
(2009.10.28 産経)


【今後の予想】
海上自衛隊叩き
  ↓
海上保安庁叩き
  ↓
やっぱりコンテナ船が悪いんじゃね?
  ↓
海自,海保が悪くないなら報道しません。相手韓国船だし。
posted by 四十郎 at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

時間が無いの わかってますか?

政府が拉致問題本部設置へ 旧本部は廃止、「機能強化」
http://www.asahi.com/politics/update/1013/TKY200910130073.html
 政府は13日の閣議で、北朝鮮による拉致問題に対処するため、鳩山由紀夫首相を本部長とする拉致問題対策本部の設置を決めた。安倍政権下の06年に発足した同本部は廃止する。中井洽拉致問題担当相が会見で明らかにした。
(10月14日 朝日)


他の件もそうですが、前政権のものは全て否定してる感じ、まるで中国の易姓革命みたいで怖いんですけど。


つーか、どの政権でもいいから一日も早く解決するために努力してよ。拉致された人の親御さんたちは ご高齢で時間が無いんですよ。


ちょっと心配なんですが、現 拉致問題対策本部で制作したアニメ「めぐみ」は引き継がれるんでしょうね。
 ↓
http://www.rachi.go.jp/jp/megumi/gaiyou.html
posted by 四十郎 at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

昨日も北が短距離ミサイルを発射したようですが・・・もう解説は聞けない

NHKの軍事解説(と1:9分け)でおなじみの江畑謙介さんがお亡くなりになりました。
ご冥福をお祈りいたします。

軍事評論家 江畑謙介さん死去
http://www3.nhk.or.jp/news/t10013057891000.html
最新の軍事情勢や兵器に詳しく、湾岸戦争やイラク戦争、それに各国の軍事情勢など安全保障問題に関する解説で知られる軍事評論家の江畑謙介さんが10日、千葉県内の病院で亡くなりました。60歳でした。
(2009.10.12 nhk)


淡々と事実に基づく分析,解説をされる江端さんは、見ていて安心できる(安心というのも変か・)軍事評論家でした。
自分がはっきりと判らない事柄については適当なことを言わない姿勢は、他の評論家やコメンテータに見習って欲しいものです。
実際のところ江端さんの代わりになる軍事解説者いません。



訃報の当日にこんなブログを書ける人間の気が知れない。(コメント欄に怒りの書き込みが・・・)
 ↓
民主党衆院議員 首藤信彦のブログ
「ある軍事評論家の死」
ttp://blog.goo.ne.jp/sutoband/e/03fdc5aba5f001a0c2f1cfc0e88696de
posted by 四十郎 at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。