2010年11月09日

厳秘資料が漏洩してるし・・・

TVも連日トップニュースで尖閣映像流出の捜査について報道してるけどさ、
「国際テロ情報の流出問題」のほうがどう考えても大大大問題なんですけど。



映像公開で量刑下がる?仙谷長官「厳秘」資料
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20101109-OYT1T00538.htm

 仙谷官房長官は9日午前の衆院予算委員会の最中、沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件の映像を一般公開する可否を検討するための資料を菅首相に示した。
「厳秘」と記された資料は、一般公開のデメリットを「映像流出の犯人の量刑が下がるおそれがある」などとしている。
 資料は、〈1〉国会提出済みの映像記録〈2〉動画投稿サイト「ユーチューブ」に流出した映像〈3〉マスター映像――の3種類に関し、公開の法的根拠やメリット、デメリットを分析している。
 公開のメリットには「中国による日本非難の主張を退けることができる」などを列挙。一方、デメリットは、「流出犯人が検挙・起訴された場合、『政府が一般公開に応じたのだから、非公開の必要性は低かった』と主張し、量刑が下がるおそれがある」としている。特に、流出映像の公開については、「犯罪者を追認するに等しく、悪(あ)しき前例となる」などと記している。
(2010年11月9日12時31分 読売新聞)


何処かで聞いた笑い話のごとく、
「首相はアホです」って言うと、国家機密漏洩の罪で逮捕される日が近くなってるかも。いやマジで。
posted by 四十郎 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。