2010年03月19日

じはく

山岡国対委員長:外国人選挙権法案は今秋以降に先送り
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100319k0000m010110000c.html

 主党の山岡賢次国対委員長は18日夜、東京都内の韓国大使館で、権哲賢駐日韓国大使と会談し、永住外国人に地方選挙権を付与する法案について「参院選があるからできないが、選挙が終わったらやる」と述べ、今秋の臨時国会以降に先送りする考えを示した。山岡氏は社民党の辻元清美衆院議員、国民新党の下地幹郎国対委員長らと共に食事会に参加。権大使が地方選挙権付与法案の今国会での対応を尋ねたのに対し、答えた。
(2010年3月18日 22時48分 毎日新聞)


> 「参院選があるからできないが、選挙が終わったらやる」

民意に反することだということを判ってんじゃん。
posted by 四十郎 at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

施政方針演説で「命を守る」って24回も言ったのに

政府の拉致パンフから「被害者帰国」外れる 担当相「何もわからない」http://sankei.jp.msn.com/world/korea/100315/kor1003152055001-n1.htm
 政府の拉致問題対策本部が昨年末に改訂した拉致被害者救出を訴えるパンフレットから、「拉致被害者の速やかな帰国」や「真相究明」といったこれまでの政府が最重要課題として掲げてきた項目が削除されていたことが15日、衆院拉致問題特別委員会で明らかになった。
 中井洽(ひろし)拉致問題担当相は答弁で「初めて見た。何もわからない」などと困惑。事務局の報告を受けて再度、答弁に立ち「作り直す」などと釈明した。
(2010.3.15 20:54 産経)



2008年 衆議院の特別委員会で当時の町村官房長官が答弁した
拉致問題解決のための絶対必要な要件


・すべての拉致被害者の安全の確保と帰国の実現
・なぜこういう犯罪が起きたのかということの真相の究明
・犯人の引き渡し


【参照】
第169回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第4号
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/169/0142/16906110142004a.html


鳩山政権発足後の昨年10月13日の閣議決定文書で「実行犯の引き渡し」が削除され、
今回のポスターでは絶対必要な3要件の全てが外されました。


あまりにもひどい話です。

拉致問題対策本部の一役人が勝手に行えるレベルじゃない。
上からの指示としか考えられませんね。

拉致問題担当相の中井、野党時代は拉致関係の集会に来て調子のイイこと言ってたけど、
最近は出席するの怖いんじゃない? 松原仁も。
posted by 四十郎 at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

タマちゃん

昨日の参議院の予算委員会で丸川珠代議員が良い質問をしていたようですね。
ニュースで流すべき。

動画はここで見て下さい。
発言者の欄に「丸川珠代」と入力すれば検索できます。

参議院インターネット審議中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

さっそく文字起こしされている方がおります。

ttp://guita4649.blog47.fc2.com/blog-entry-103.html


で、結局、
・日本に在住の在日外国人は、子供が海外に住んでいても、子ども手当てを貰える。
・海外に在住の日本人は、子供が日本に住んでいても、子ども手当てを貰えない。


マジっすか?
posted by 四十郎 at 12:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。